主権者教育の一環として模擬投票を行いました

主権者教育の一環として模擬投票を行いました


模擬投票の様子

12月12日 立志舎高校では主権者教育の一環として模擬投票を行いました。今年度の立志舎高等学校の模擬投票は仮想墨田区長選挙です。
投票率低下の問題をテーマとし、「投票率を上げるための施策」を争点としました。生徒はそれぞれの立候補者の主張を比較し、自分の支持する候補者への投票を行いました。結果は即日開票され、ロビーに掲示されました。
18歳選挙権が施行され、高等学校在学中に選挙権を有する生徒もいます。有権者として政治や社会への関わりを考える良い機会となりました。

模擬投票の様子
模擬投票の様子
記載台

記載する様子
投票箱に投票用紙を入れる様子

開票作業
開票結果集計

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です