立志舎高校の生徒が赤い羽根共同募金の活動に参加しました

立志舎高校の生徒が赤い羽根共同募金の活動に参加しました


赤い羽根共同募金の活動の様子

2021年10月1日(金)、JR錦糸町駅の北口改札付近で立志舎高校生徒会の6名が赤い羽根共同募金の活動に参加し、寄付を募りました。集まったお金は社会福祉法人中央共同募金会を通して、高齢者・障害者の福祉や災害復興のために使われます。

当日は台風が接近し悪天候の中でしたが、たくさんの寄付金が集まりました。ご協力ありがとうございました。

募金活動の様子
募金活動の様子

スポGOMI in すみだ環境フェア2021に参加しました

スポGOMI in すみだ環境フェア2021に参加しました


スポGOMI in すみだ環境フェア2021に参加しました記念写真

8月7日(土)に、「美術同好会(チームトリケラトプス)」「ボランティア同好会」「3年生有志チーム」の生徒が、「スポGOMI in すみだ環境フェア2021」に参加しました。「スポGOMI」とは、「スポーツゴミ拾い」の事で、スポーツ競技として楽しみながら地域の環境美化に貢献するというイベントです。今回も墨田区各地域の子供から大人まで、1チーム5~6人編成で、約20チームが参加し、制限時間内に集めたごみの重さで順位を競いました。3年生有志チームが《準優勝(2位)》、美術同好会(チームトリケラトプス)が5位という好成績でした。非常に暑さの厳しい中、にわか雨もあり、コンディションは厳しかったですが、生徒たちは明るく頑張ることができました。

賞状

賞状

開始前
トリケラトプス

ボランティア同好会
3年生有志チーム

GOMI拾いの様子
GOMI拾いの様子

GOMI拾いの様子
集合写真

「歳末たすけあい運動」の募金活動に参加しました

今年も歳末たすけあい運動の募金活動に立志舎高校の生徒が参加しました


歳末たすけあい運動参加の生徒有志

2019年12月11日(水)の午後、立志舎高校から野球部、ボランティア同好会、美術同好会、吹奏楽部、バドミントン部の生徒たちが錦糸町駅北口前で歳末たすけあい募金を行いました。
寒い中、皆大きな声を出して募金を呼びかけ、通行人の皆様からは寄付金とともにねぎらいの言葉をいただきました。
今回集まった寄付金は墨田区の社会福祉事業で使用されます。ご協力ありがとうございました。

開始前に集まって説明を聞く
募金活動の様子

募金活動の様子
募金活動の様子

募金活動の様子
募金活動の様子

募金活動の様子
募金活動の様子

ボランティア同好会と2年生有志がみどりコミュニティセンターまつりに参加

ボランティア同好会と2年生有志が墨田区のみどりコミュニティセンターまつりのボランティアに参加しました

2019年11月17日(日)、ボランティア同好会と2年生有志の生徒が墨田区みどりコミュニティセンターまつりに参加しました。みどりコミュニティセンターは墨田区にある地域の方々のコミュニティづくりのための施設です。
年に一度のこのお祭りでは、舞台発表やお笑いライブ、こどもコーナー、体験コーナー、模擬店、販売など様々な催し物があります。
昨年と同様の子どもコーナー「鏡にお絵かき」の他、受付や模擬店、販売などを担当し、子どもたちに落書きを楽しんでもらったり、様々なお手伝いをさせてもらったりするなかで、子どもから大人の方まで多くの方と接することで、貴重な体験をすることができました。
毎年お手伝いをしていることもあり、地域の方からはたくさんの労いの言葉をいただきました。

メイン画像コメント

受付の様子
受付の様子

受付の様子
ちいさなお客さん
コマの工作

販売の手伝い
入口の様子

すみだ福祉保健センターまつりに参加しました

すみだ福祉保健センターまつりに参加しました

2019年10月26日(土)、ボランティア同好会と3年生有志の生徒で『すみだ福祉保健センターまつり』に参加しました。
会場のカフェのお手伝いや脳トレ体験をしてきました。
お年寄りから子どもまで多くのお客様に来ていただき、また一緒に活動した方々とも色々な話をすることができ、貴重な体験となりました。

また、美術同好会では、『高次脳機能障害啓発ポスター』の作成に協力し、頑張って部員たちが描いた9枚のポスターと、福祉保健センターまつり用の大型模造紙ポスターに協力しました。

美術同好会が作成したポスター
カフェの様子

生徒たちの出しもの
集合写真

あしなが学生募金に参加しました

あしなが学生募金に参加しました


募金風景

2019年10月19日(土)、ボランティア同好会と3年生有志の生徒があしなが学生募金に参加してきました。今回も上野駅での募金活動でした。あしなが育英会から奨学金をもらっている大学生・専門学生と共に募金活動をしました。今回も多くの方に募金していただき、心の温かさを感じました。集まったお金は、病気・自死・災害によって親を亡くした子どもたちや、親に障がいがある子どもたちの奨学金、またサブサハラ・アフリカの遺児たちが高等教育をうけるための奨学金として使われます。皆さまありがとうございました。

募金風景
参加した学生たち

立志舎高校の生徒がとんこまかっぱ縁日に参加しました!

立志舎高校の生徒がとんこまかっぱ縁日に参加しました!


ソースせんべいを作っている様子

2019年7月6日、東駒形コミュニティ会館で行われたとんこまかっぱ縁日に、立志舎高校ボランティア同好会と3年生有志の生徒が参加しました。
生徒たちは準備の段階からソースせんべい、ヨーヨー釣り、コイン落としなど全部で6つのブースのお手伝いをしました。
今年で4回目になるとんこまかっぱ縁日は、今回も多くの子どもたちで賑わい、開催時間中はずっと大忙しでしたが、子どもたちの笑顔のためにみんな頑張りました。

縁日の準備
縁日の準備

縁日の様子
縁日の様子

縁日の様子
縁日の様子

縁日の様子
縁日の様子

縁日の様子
縁日の様子

集合写真

第69回「社会を明るくする運動」清掃ボランティアに参加しました

立志舎高校の生徒が「社会を明るくする運動」清掃ボランティアに参加しました


清掃ボランティアの様子

7月3日(水)、立志舎高校の生徒は地域の保護司の方々と共に第69回『社会を明るくする運動』の一環として錦糸公園の清掃活動に大々的に参加しました。
野球部、バドミントン部、吹奏楽部、ボランティア同好会、美術同好会から、総勢62名の参加により、公園一帯を隅々まできれいにすることができました。
気温が高く蒸し暑い中、生徒たちは一所懸命にゴミをたくさん集めたことで、主催した地元の保護司団体からもねぎらいをいただき、充実した活動になりました。
『社会を明るくする運動』は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪をおかした人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい地域社会を築こうとする法務省主唱の運動です。

清掃ボランティアの様子
清掃ボランティアの様子

清掃ボランティアの様子
清掃ボランティアの様子

清掃ボランティアの様子
清掃ボランティアの様子

清掃ボランティアの様子
清掃ボランティアの様子

すみだものづくりフェア2018に参加しました

すみだものづくりフェア2018に参加しました

2018年12月15日(土)・16日(日)、すみだリバーサイドホールにて子ども向けイベント『すみだものづくりフェア2018』が開催されました。立志舎高校は美術同好会、ボランティア同好会、チアリーディング部、ダンス同好会が参加しました。
美術同好会は、直接の出展ブースとして部員および卒業生を中心に14名参加。また、ボランティア同好会からも、各ブースの実行補助ボランティアとして3名が参加。さらに、16日は、チアリーディング部+ダンス同好会の混成チームによるダンスステージを、午前午後の2ステージ実施してきました。初日で全体約2000人の、2日目に約4000人の来場でにぎわう中、立志舎のブースも非常に大好評で、両日とも子供たち90名・90名の満員となりました。整理券も配布後1分で配布終了になる状況でした。
来場者の方からも元気のある挨拶が良いと嬉しいお褒めの言葉をいただきました。

メイン画像コメント

「不思議なブラックウォールを工作してみよう!」

ものづくり体験コーナーでは「不思議なブラックウォールを工作してみよう!」という企画で立志舎高校は出展しました。偏光フィルムを組み合わせて壁があるのに何でも通り抜ける不思議な箱を作ってもらいました。実際に子どもたちに作ってもらい光の不思議を体験してもらって大盛況でした。

ものづくり体験
ものづくり体験

ものづくり体験
ものづくり体験

ものづくり体験
ものづくり体験

ものづくり体験
ものづくり体験

イベントコーナー

イベントコーナーではチアリーディング部とダンス同好会によるダンスステージを行いました。いろいろなジャンルのダンスで子どもたちをはじめ区民の方々に楽しんでいただくことができました。

ダンスステージ
ダンスステージ

ダンスステージ
ダンスステージ

ダンスステージ
ダンスステージ

ボランティア同好会がすみだスマイル・フェスティバルに参加しました

ボランティア同好会がすみだスマイル・フェスティバルに参加しました

2018年12月8日(土)墨田リバーサイドホールで行われたすみだスマイル・フェスティバルに本校ボランティア同好会の生徒が参加しました。
12月3日から9日までの1週間は障害者基本法により、障害者週間と定められており、墨田区では、障害者福祉の啓発と障害のある方もない方も誰もが暮らしやすい社会を目指すノーマライゼーション理念の普及を目的として、障害者週間記念行事すみだスマイル・フェスティバルを開催しています。
当日本校の生徒は千代紙を使ったカードケース、手帳ケースを作成するコーナーの手伝いを担当し、訪れた方がケースを作るサポートをしました。様々な方が訪れるので、口で伝えることが難しかったり、上手く作れなかったりもしましたが、伝え方を工夫するなど、一生懸命活動しました。

準備
来場者の対応をする立志舎高校生

来場者の対応をする立志舎高校生
ケース制作をサポート
ケース制作をサポート